大富豪の家

正式名称は19世紀後半に建築したオーナー名を冠する「チョン・ファッ・ツィー・マンション」ですが、その眼が覚めるような青い外観から「ブルー・マンション」の愛称で親しまれている大富豪屋敷。中国人貿易商として移民し巨万の富を築いたチョン・ファッ・ツィーはニューヨークタイムズが「東洋のロックフェラー」と称した人物。広大な屋敷はブティックホテルであると同時にミュージアムスペースを持ち、宿泊者以外もガイドツアーに参加することができます。1992年にアカデミー外国語映画賞を受賞したフランス映画『インドシナ』のロケ地としても有名です。



ジョージタウンのブルーマンション
1日3回のガイドツアーを入り口で待つ人々
ジョージタウンのブルーマンション外観
一部はブティックホテルとして宿泊可能