日本語メニュー充実

ウラジオストクを旅する方の不安のひとつが「言葉の壁」ではないでしょうか?日本語を解せるロシア人が極めて少ない上に民間のロシア人は殆ど英語も喋れないので、ホテルのフロントや一部のレストランなどを除いて対面でのコミュニケーションは困難です。ところがトラベラーが訪れたくなるカフェやレストランにおける多言語メニューの整備は年々進んでおり、英語や中国語、韓国語に続いて近年日本語メニューを準備するお店が着実に増えているようです。その中でも「ペーカルナヤミッシェラ・スハノフ公園前店」の日本語メニュー充実度は特筆もの。店名の下に「Paris・Tokyo・Moscow・Vladivostok」と書かれているだけあって100以上のメニューがしっかり日本語で表示されています。もっとも、ショーケースに並ぶスイーツの注文は指差しだけで通じるので問題はありません。



ペーカルナヤミッシェラ、スハノフ
充実の日本語メニュー
ペーカルナヤミッシェラ、スハノフ2
思わず長居したくなるインテリア