小さな花屋通り

ウラジオストクの街に華やかさを感じるのは街を歩いているだけで無理なく目に入ってくるカラフルな自然色のあれこれ。特に色とりどりのフルーツはショップや屋台が多いこともあって旅人を楽しませてくれますが「花をこよなく愛する国」と言われるロシアならではスポットが「花屋通り」。中央広場の前を東西に走るウラジオストクのメインストリートであるスベトランスカヤ通りと観光名所のフォーキナ通りを結ぶ穴場的スポットで50メートルほどの室内通路に小さな花屋が並んでいます。その中でもバラの花が目立っていますが、ロシアではお祝いといえば「シャンパン・チョコレート・薔薇の花」の3点セットだそうで、女性に一輪のバラをさりげなくプレゼントする男性も多いとか。ちなみにお祝いの花は奇数という決まりがあるそうなので要注意。



ウラジオストクの花屋通り
ところせましと美しい花が並ぶ
ウラジオストクの花屋通り裏口
カフェが並ぶ通りに裏口あり