極寒フルーツティー

緯度の高いウラジオストクは1年のうち最低平均気温が氷点下となるの期間が5ヶ月もあり、その中でも12月から2月はマイナス10度以下まで下がります。極寒の地ゆえに冬季の観光客はぐっと減りますが。本物?の寒さを体験するために冬のウラジオストクを訪れるという旅も悪くありません。氷点下の街で過ごすロシアの人々の生活を垣間見る体験としておすすめしたいのがカフェMOMOで味わうフルーツティー。街角にある小さなカフェはペリメニの専門店ですが、カウンターに並ぶ色とりどりのフルーツが入った耐熱グラスの中からお好みのひとつを選んでオーダーします。暖かいシーズンは果物が豊富な極東ロシアならではの心身ともに温まるメニューです。

 



ウラジオストクで飲むフルーツティー
シンプルでお洒落なインテリア
ウラジオストクのフルーツティー
暖かい紅茶を注いでもらうと…