旅土産はホフロマ

ロシア民芸品の代表はマトリョーシカですが、現地を旅した若い女性に受けがいいのが「ホフロマ塗り」と呼ばれる300年以上の歴史を持つ美しい紋様の品々。観光向け料理教室のキッチンを華やかに彩り、工芸体験の定番でもあります。赤字に黄色や緑で色鮮やかに花や鳥が描かれるホフロマは伝統的な木製食器が本流ですが、エプロンやテーブルクロス、ランチョンマットなどのファブリック製品が実用性ある旅土産として喜ばれるとのこと。ただし現地で聞くところでは、このホフロマ塗りをロシアの一般家庭で見ることは珍しいそうです。日本でいえば唐草模様や七宝模様の風呂敷が日常的に使われていないのと同様なのでしょう。観光客受けするのがご当地では希少な伝統文化というのは何処も同じのようです。



ホフラマ柄のキッチングッズ
キッチンを彩るホフラマ柄
ホフラマ柄の伝統的スプーン
木製スプーンの絵付け体験