ウラジオストク駅に置かれたシベリア鉄道のSL

極上のピロシキ

観光で訪れる人が少ないこともあって日本人にとって未知なるロシアですが、ピロシキ(まんじゅう)とボルシチ(煮込みスープ)というロシアを代表する料理の名はよく知られているのでは?訪れる国の魅力を味わう最良の方法はご当地伝統料理を食すことで、実際に料理をする体験が加われば旅の感動は倍増します。そこでご紹介するのが『オリガおばさんの料理教室』。陽気で日本大好きのオーナー・オリガさんのレストランを訪問してロシア家庭料理の数々を体験できる教室です。オードブルを食べながらロシアの食文化や日露交流史のお話を聞いた後(日本語スタッフの通訳あり)、本格的なキッチンに移動していよいよ料理体験。イケメンシェフ指南によるピロシキは挽き肉と野菜の惣菜タイプと煮込んだリンゴの入ったデザートタイプ。こんがりと焼きあがったピロシキは食べきれない量ですがお土産としてテイクアウト可能。オリガさんの人柄なのかウラジオストクに親戚が出来た気分。「またね!」と再会の約束をしてお店を後にしました。

 

取材協力:ウラジオ.com

http://urajio.com/item/1806



オリガおばさんの料理教室
キッチンスタジアムのような教室
オリガおばさんの料理教室でピロシキ体験
アツアツのピロシキをロシアンティーとともに