マトリョーシカ発見

ロシア料理といえばピロシキとボルシチの名が出てくるように、ロシアを代表する土産物は何?と聞かれて誰もが思い浮かべるのがマトリョーシカ人形でしょう。可愛らしい女の子が木製人形に描かれ、胴体を二つに分けると次々に小さな人形が出てくる「入れ子構造」の民芸品です。ところがロシアを訪れると何処にでも売っていそうなこのマトリョーシカ、意外にも空港や駅・ホテルの土産物コーナーなど以外では見かけることが少なく、街歩きの土産物探しで苦労することも。日本でダルマやこけし、招き猫を街中で探すのと同じと考えていただければいいでしょう。そんなマトリョーシカの中でもロシア土産の隠れた人気モノと言われているのがプーチン大統領が描かれたもの。中を開けて出てくのは、エリツィン、ゴルバチョフ、スターリン、レーニン、とロシア・ソ連を代表するリーダーたち。近代史を人物の「入れ子構造」で表現したマトリョーシカです。



プーチンのマトリョーシカ
プーチン大統領のマトリョーシカ
ロシア大統領マトリョーシカ
プーチン大統領の中から出てくるのは?